クリエイティブコンテスト

    ロボットコテストの部 大会情報ホームページ

  工芸祭に行われるロボコンは,10月26日(日) 11:00 キックオフです.

場所は714教室です.皆さん参加してください. 

C言語による開発情報が加わりました(鈴木先生のご尽力による)

1.使用するロボット情報

   梵天丸[メカトロで遊ぶ会開発],ツクモ ロボコン館[秋葉原]で購入できます.

     どうしても購入不可能な方は貸し出しします.

2.改造方法

   PICのアセンブラプログラムやセンサを追加して,抜け道を早く抜けるようにチューンします.

   改造は,RS232C用のコネクタの空きピンを利用して,LED,センサを追加できます.

   いろいろな状況にも対応可能にプログラムを改良します.ここで,車体,モータ,

   電池の改造は認めません.

    そのために,下記の情報を参照してください.[学内アクセス限定です]

   梵天丸のアセンブラ, 本学のハード同好会作成の基本アセンブラ

   回路図, 組み立て図, モータドライバ仕様

   C言語プログラミング解説 C言語例(解説有り) C言語例(解説無し)

   PWMモータ制御プログラム(C言語) (池田先生が開発されました)

3.レース方法

  迷路を抜ける時間を競います.2種類のコースを走行した時間で競います.

コースは下図です.青がやさしいコース,赤が難しいコースです.

   10月3日 5限は,6号館1F電子情報工学実験室で簡易言語説明会を開きます.

   10月6日 5限は,6号館1F電子情報工学実験室でC言語説明会を開きます.

4.ロボットサッカー

 ロボコンの後,ロボットサッカーも行います.RealDriveのRCカーでサッカーをしますので,

どなたでも,参加できます.12時過ぎくらいから行います.

    質問は,下記まで.

         担当 コンピュータ応用学科 曽根

      もしくは, システム電子情報学科 池田先生